ELKHEARTS SPIRITS

アメリカ・インディアンの世界にはアートという概念がない。
それは彼らの生活にあるものすべてが美しく、すべてがアートであるからだ。
そして、彼らにとって、ただ美しいだけのものは意味がなく、
実用と機能を兼ね備えた美しさこそが本当の美なのだ。
なぜなら、彼らの生活に、そして生きるために必要とするものは
自然界からいただく尊い命だから・・・

その中でも「神からの贈り物」と神聖化されているのが
ワピチ=通称エルクという大鹿。
彼らは自身の外面(身体)を守るための衣服・モカシンとして革を、
内面(精神)を守るためのアクセサリーとして角を加工し身に付ける。

まさに、現代のグラフィックデザインや
WEBに求められるものも「実用」と「機能」を兼ね備えた「美」。
つまり私たちのフィールドワークである世界には、
アメリカ・インディアンのスピリッツが息衝いているのである。
私たちは、彼らの物作りの原点であるエルクと
美に対する考え方にインスパイアを受け、
社名をエルクハーツと名付けました。

「創るすべてのものに意味があり、実用・機能的かつ美しく」
私たちは、このエルクハーツ・スピリッツで、
さまざまなクリエイティブに取り組んでいきたいと考えています。